三角形の記憶

by wasuregataki

/
  • Streaming + Download

    Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

    2013年7月13日に開催されたイベント「三角形のひみつ」の為に行われたスタジオセッション一発録り音源を、ダウンロード限定&投げ銭制の「記憶シリーズ」第1弾としてリリース!
    忘レ敵に、バイオリニストかじちゃん(from さっちんたい)を迎えた特別編成でお送りします。

      name your price

     

1.
2.

about

忘レ敵 ~記憶シリーズvol.1~
『三角形の記憶』
KTOG-004

1.月と向日葵 feat.かじちゃん
2.ラッシュライフ feat.かじちゃん
※ダウンロードデータは文字化け防止の為ローマ字表記しています。

2曲入り/配信限定リリース

料金は「投げ銭」制となります。
試聴してみて、もし「これ良いじゃん!」となりましたら、お好きな金額をお振込みください。
もちろん0円でのダウンロード&試聴のみも大、大、大歓迎!
繰り返し聴いてもらえるのが一番嬉しいです!

とは言え、「どうしても0円だと気が引ける・・・」という方!
そういう方は、ぜひ感想を添えてご自身のSNSやblogなどで忘レ敵を紹介してください。
それが、忘レ敵にとって、次の創作へ向かう力になります。

※ダウンロードの際にはemailアドレスが必要になります。

credits

released July 24, 2013

忘レ敵
日野章吾 vocal,key
河村賢二 guitar
鈴木洋平 guitar
高野博幸 bass,chorus
鈴木敬 support drums,percussion

guest musician
かじちゃん violin,chorus

recorded on 06/22/2013

All arranged by 忘レ敵 & かじちゃん
Mix 高野 博幸
Jacket Design 高野 博幸
Photo 寺尾修一郎

Special thanks
さっちんたい、necozeneco、湖池屋さん、渋谷Wasted time、そして愛すべきポリンクスの皆さん!

tags

license

all rights reserved

about

wasuregataki Tokyo, Japan

すり減らしてる?疲れてる?諦めてる?丸くなってる?それでもなお戦い続ける人に送る、研ぎ澄まされた音と言葉。

日野章吾(Vo)/高野博幸(Ba)/河村賢二(Gt)/鈴木洋平(Gt)/鈴木敬(Support Dr)の5人による、「それでもなお戦い続ける人達に送る」ロックバンド。

日常を切り裂く音響ギターと、想いの全てを歌にぶつけるようなボーカルが、繊細なメロディとグルーヴィなリズムの中で交じり合い、絡み合って、きっと貴方に忘れられない何かを残すはず。
... more

contact / help

Contact wasuregataki

Streaming and
Download help

Track Name: TSUKI TO HIMAWARI feat.kajichan
月と向日葵
作詞・作曲 高野博幸

そうして晴れの空に目を刺す影拡がる
十年も前に響く夢 この手に抱いて今過ごせるか

歪んだ明日も街の色に滲み薄れるなら
浮かんだ幽玄の月が独り笑い僕は怒る

預けた記憶は雨と流れて消える確かに
それでも残る声さえ 振り払っても僕は行くのか

繋いだ意味の無い音 響き始めイカれるなら
浮かんだ幽玄の月が独り笑い僕は怒る


音は微か僕の中で刺した光が震えるように
君の声のその先には雨が雨が降ってるようで
花もがれた向日葵 僕は密かに見ていた
響き渡る皆聞く この手を見つめ今過ごせるか

繋いだ意味の無い音 響き始めイカれるなら
浮かんだ幽玄の月が独り笑い僕は怒る
Track Name: RUSH LIFE feat.kajichan
ラッシュライフ
作詞・作曲 高野博幸

ひずんだ音に囲まれて 気づけば嘘にも慣れたよ
ひたすらふざけ合う僕らの 笑い声も日々に溶けた

見慣れた町の片隅で 本当のことを伝えたくて
すれ違う思い引き止めるような 滲み出す音探した 消えぬように抱いて

記憶はいつも頭の中 重なり合って姿変えた
繋いだ手の温もりもまた 明日になれば書き換わっているだろう

明日も世界は目まぐるしく変わって
それでも僕らは繋がる場所探して

この手に残るものは 優しさなんかじゃないんだろう
僕の嘘と君の作り笑い 思いが確かにあった事

目の前巡る季節に 久遠の意味なんて聞くなよ
ただ明日も忘れぬように 忘れぬようにこの歌を歌う